知らなきゃ損する税金の話

知らないと損ばかり。税金に関するお話

学校でも習わなかった税金に関することは、大人になってから勉強するしかありません。

お金や税金について学ばないとマズイ理由


負担の大きい税金

好き好んで必要以上に税金を納めている人はいないでしょうが、知らないばかりに納め過ぎているとしたら、それほど勿体無いことはありません。

日本では学校で税金に関すること、お金に関することは勉強していません。大人になったら必ず必要な知識ですが、学校では教えられる人がいないんです。教鞭を振るう先生ですら、そうした勉強は習ってこなかったのですから。

それゆえ、本屋に行くと「お金や税金」に関する書籍が沢山並べられており、中には人目を引きつけるタイトルで売れている本もあります。

ここ10年ぐらいで、金持ちと父さんと貧乏父さんのような「お金の活かし方」に関する書籍もヒットしていることから、大人になってからお金に関する勉強を始めようという人が大勢いることが分かります。

社会に出て仕事をして給料を貰うようになると、誰もが「税金」の呪縛から逃れることはできなくなります。社会に出るまでは、無意識のうちに消費税を払っているぐらいでしか税金と接してこなかったのに、給料を貰うようになると途端に様々な税金が徴収され、手取りの給料と支給額の差に愕然とするものです。

できるなら、この税金を低く抑えたいですよね。しかし、脱税と節税とは違います。

法の枠組みの中で、いくらでも合法的に節税する方法はあります。もし、既存の法律の中で節税の余地がなければ、税理士などという職業は成り立ちません。ただの記帳代行だけの仕事であれば、何も税理士である必要はないのです。

節税方法なんて誰も教えてくれない

税務署は税金を徴収するためのお役所ですから、安くする方法についてはこちらから質問しない限り、教えてくれません。本当は節税する方法を知っていても、自ら進んでそれを教えてくれることは決してありません。

これは各種の補助金に関しても同じことが言えます。日本には知られていない数多くの補助金の制度がありますが、そのほとんどが知っている人だけが得をするように、公に周知させる活動はしていないのです。

国からすれば、補助金は完全なる支出なので、知らないままにしておいてくれたら助かる。という論理が働いていることが分かります。

知っている人だけが得をして、知らない人(知ろうとしない人)は損をするのが「税金の世界」です。

サラリーマンだから、節税なんてできる訳が無いと諦めていませんか?そういう人が大半だからこそ、国は楽に税金を集めることができるんですよ。サラリーマンだって、税金の仕組みを正しく理解すれば節税できる余地は十分にあります。

それでも「何か難しそうだし・・・」「数字は苦手だからさ・・・」と諦めていたら、ただ黙って税金を言われたままに徴収されるだけです。

うちは税金を差し引かれてもお金に余裕のあるから・・・という方もいるかもしれませんが、今の1000万円と5年後の1000万円の価値が同じであると言い切れますか?金額は同じでも、1000万円の価値はその時代時代の物価によって常に変わります。

そのお金の価値は下がりますよ

下がるお金の価値まもなく消費税が10%に増税されるのは決定事項となっています。たったこれだけでも、お金の価値は大きく目減りします。消費税8%の時に1000万円で買えたものが、10%になると買えなくなります。この消費税分だけを単純計算しても8%から10%になるだけで、お金の価値は2%も減ることになります。

仮に1000万円の2%だとしても、20万円です。乱暴な言い方をすれば、これだけの金額が価値を失うんです。

銀行にお金を預けておいたら利子でそれなりに生活ができる、という時代はとっくに崩壊してしまいました。今はお金を眠らせているだけでは、どんどん価値が下がってしまうリスクがある時代です。そうしたことを肌で感じている人たちが、冒頭で述べたように「お金の活かし方」を学ぼうと書籍を買ったり、資産運用セミナーで勉強したりしています。

そのお金を増やすお金の使い方をするための「種銭」を準備する必要がありますが、新たに今の給料から「種銭」を稼ぐよりも今出て行っている支出を見直して「種銭」が出てきた方が圧倒的に楽ですよね。だからこそ、税金という大きな支出を見直すことが大切なのです。

プロにとっては当たり前の常識も、庶民は知らないばかりに、払わなくていい税金を払っている場合だってあります。そこで、ちょっとした知恵と心がけで節税できるヒントを集めてみました。

お金に困ったときに読みたいホームページ

スマホキャッシング
スマホ1台あればお金を即日で借りられるキャッシング会社をまとめてあるホームページです。
お金借りる 学生
お金に困った学生が利用できるカードローン会社をまとめてあるホームページです。

 

TOPへ戻る